理系人材のご紹介

理系人材のご紹介について



弊社では優秀な海外の理系人材を日本企業さまへご紹介をする事業を行っており、
当事業を「日越就業能力開発プログラム(VIJAPED)」と称しております。

「日越就業能力開発プログラム」とは、
日本企業への就職を志すベトナムの国家大学二校のうちの一校であり、
トップクラスの理系大学「ホーチミン市校工科大学」の学生が日本語や、本文化・ビジネスマナー、専門技術を学び修了した優秀な学生を日本企業へ紹介するプログラムです。
ホーチミン市校工科大学の国際プログラム機関である(OISP:Office of International Study Programs)と株式会社ジャパンクリエイト、株式会社NTS海外事業部(タンスイベトナム)が連携し日越就業能力開発プログラムを運営しています。


ホーチミン市校工科大学とは?


ベトナムに二校ある国家大学の一つで、南部の技術系大学では最高位に位置しております。
研究や教育の中核として日本の大学や日本語学校などとの連携に積極的で理工系は11学部あり、
2万6750人が在籍しております。

ベトナムの大学では、日本の大学で一般的に常設されている「就職課」がなく、
卒業時期が学生の単位取得状況により異なるため、
卒業前内定率が他国と比べると低く、同大学は就職のバックアップを強化しています。
また、Accreditation(認定)高等教育機関としてさまざまな国際機関の認定を受けている大学になります。

学部・学科について


ホーチミン市校工科大学は技術系大学では最高位に位置し、
Accreditation(認定)高等教育機関としてさまざまな国際機関の認定を受けている大学になります。
学生が多い学部は機械工学部、電気電子工学部、土木工学部となり1学年各700~800名が在籍しております。学部情報は下記のとおりとなります。

機械工学部 縫製工学・機械工学・紡績工学・産業システム工学・ロジスティックサプライチェーン管理・熱技術・電子機械工学
化学工学部 科学技術・食品工・生物工学
材料工学部 材料工学(金属材料学・ポリマー材料学・ケイ素材化学・エネルギー材料・その応用)
地質・石油工学部 地質工学・石油工学
電気・電子工学部 電機技術基礎・電子・通信・自動制御
交通工学部 航空工学・自動車、原子力機械工学・船舶工学
応用科学部 機械力学・技術物理
情報理工学部 コンピューター技術・コンピューターサイエンス
環境資源学部 環境、資源管理・環境技術
工業経営学部 経営管理・工業管理
土木工学部 建設材料工学・建築・インフラ整備工学・海岸工学・水工学・建設工学・測量学・橋梁、道路工学


日越就業能力開発プログラム(VIJAPED)内容


日越就業能力開発プログラム(VIJAPED)では、日本語教育及び日本の慣習・ビジネスマナーを学ぶことができます。当プログラムを修了する学生の中から、企業様の求められる人材に合う学生をご紹介いたします。

  なぜベトナム人なのか  
・ベトナムの方は日本人に近い国民性を持っており、目上の人を敬う文化がありまじめな方が多い
・とても親日的で日本の社会にも適合しやすい
・学習意欲が高く、トレーニングや指示をしっかり行えば、仕事を確実に遂行していける方が多い。

   教育内容について   
ビジネス教育
・日本国と日本の入門
・報告、連絡、相談の基本
・ビジネスマナーの基礎(身だしなみ・姿勢・社内コミュニケーション等)
・会社組織とは?(会社の人間関係の基本、会社の組織と役割の基本)
・社会人の心得5つのルール
・NASAゲーム(グループワーク、コミュニケーションスキルの理解)
・新人若手社員のためのコミュニケーション
・マーケティング
・日本人の就職観
・面接対策(ビジネス・プロフェッショナルとは何か、自己紹介、面接の受け方など)
e-ラーニング教育
・ビジネスマナー基本コース
・電話応対
・敬語
・訪問、応対
・報告、連絡、相談について
・文書作成
・グローバルコミュニケーション
・パソコンスキル(Word、Excel基本)

    教育コンセプト    
①質の高い日本語教育
現地の学生や語学学校任せにするのではなく、ホーチミン市校工科だ医学と連携し、責任をもって教育を行っています。
また、日本語については、日本語能力試験のN3レベル取得を目指す内容のカリキュラムで、学生に教育しています。
②日本語のみならず、日本文化やビジネスマナーを教育
日本語だけではなく、日本で生活する上で大切な文化・慣習や、日本企業で働く上で大切な「報告・連絡・相談」などのビジネスマナーについても事前に教育します。
③日本企業のニーズに応え得る人材の教育
毎年定期的に採用をご検討いただける企業様については、業務で必須となる語彙や知識を効果的に教育することで、
企業様の要望するレベルまで日本語能力を引き上げるカリキュラム作成のご相談にも応じます。
また、今後は大学教授や企業の技術担当者様を講師としてお招きし、実践レベルでの専門技術の教育も実施する予定です。


ご紹介学生リスト

ご紹介させていただく現在の学生スキルは下記よりご確認いただけます。ぜひ一度ご覧くださいませ。下記PDF資料「2020年度就業対象学生リスト」にて詳細もご確認いただけます。


ファイルを開く

■■2020年度就職対象学生リスト■■



ご紹介の流れ

学生データの送付
ご希望の人材に基づいて、候補者をご紹介いたします。
【ご紹介時にお送りする内容】
・履歴書
・卒業論文要約
・成績表
・設計図などの成果物
上記以外にもご要望を伺い、お送りさせていただくことも可能です。

面接の実施
企業ご担当者様にご紹介する学生との面接を行っていただきます。面接のパターンは下記のとおりとなります。
①現地面接:実際にベトナムにいらしていただき、面接を実施(※当社担当も同行いたします。)
②Webネットワーク(Skype等)での面接:御社若しくは弊社にてWebネットワークを利用して面接(※当社担当も同席いたします。)
③来日面接:学生が御社にお伺いし面接させていただきます。(※当社担当が引率いたします。)

内定
入社半年前以降、確定書をご提出いただきます。
※確定書は当社にてご用意させていただき、必要事項の記載、捺印をお願いいたします。

在留資格申請
入社前にご準備いただき、入国管理局に受け入れていただく企業様に在留資格申請を行っていただくことが必要になります。
申請処理につきましては、当社担当もサポートさせていただきます。

学習状況のご報告
内定者に必要な事前に学んでもらいたいことなどをヒアリングさせていただき、事前教育を行っております。
図面設計や日本でのビジネスマナーなどをeラーニングなどを用いて教育しています。

入国・入社
入国後、企業様へ入社となります。(※入社時は当社担当が引率いたします。)

お問い合わせ・お申込み